ニュース

日本台湾交流協会情報_台湾との間の人の往来再開に向けた段階的措置_令和2年9月1日(転載)

Posted on 2020/09/01



日本台湾交流協会情報_台湾との間の人の往来再開に向けた段階的措置(令和2年9月1日)
1
 国際的な人の往来再開に向けた段階的措置に関し、当協会は7月22日の新型コロナウイルス感染症対策本部における決定に基づき、台湾側と意思疎通を行ってきました。その結果を踏まえ、日本政府は短期商用及び一定の在留資格の対象となる台湾の方々について、入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、追加的防疫措置を講じることで入国拒否の例外とする「レジデンストラック」(短期商用含む)を9月8日から開始することとなりました。詳細は外務省ホームページをご参照ください。

「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について」(各国・地域との「レジデンストラック」利用に必要な手続・書類等の案内含む
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html
2
 また、14日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形でのビジネス活動を可能とする「ビジネストラック」については、早期の運用開始に向けて、引き続き、日本台湾交流協会を通じた調整を進めていきます。これらについても、準備が整い次第、改めてお知らせします。

日本台湾交流協会公式サイトURL:
https://www.koryu.or.jp/news/?itemid=1840&dispmid=5287

台湾外交部ニュース
台灣與日本相互同意開放商務人士入境
日期:2020/09/01    資料來源:臺灣日本關係協會
2020/09/01 第190號新聞稿
日本政府於本(1)日宣布將開放我國商務人士入境,成為我國與外國政府就相互放寬境管事宜達成協議的首例,充分顯示日方對我國防疫成效的肯定,且將有助於恢復台日間商務往來,對重啓後疫情時代國際交流具有指標性意義,外交部對此表示誠摯歡迎。
自從日本政府於7月22日宣布與我國協商境管鬆綁事宜後,雙方即展開緊密洽商,順利達成共識。日方此次開放僅限商務目的對象,其入境措施要點如下:
1、我國商務人士提出應聘證明或邀請函向日本台灣交流協會申請簽證。
2、提出登機前72小時內採檢的PCR檢驗陰性證明,抵達日本後在機場接受PCR採檢。
3、入境日本後在自宅或指定機構隔離14天。
以上日方措施將於本(9)月內啓動,實施日期及申請辦法,日本台灣交流協會將另於網頁公告。
台湾外交部公式サイトURL:
https://www.mofa.gov.tw/News_Content_M_2.aspx?n=8742DCE7A2A28761&s=A7414B338AFBC318



Back