ニュース

〔台湾IT スタートアップ〕6軸力覚センサーの技術に画期的な成果をもたらす中山大学の研究チーム

Posted on 2020/12/03



多軸力覚センサは精密機械やロボットアームに欠かせないセンサである。

台湾がこの領域に製品化したものが少ないし、自動化産業の発展に産業と学術連携して研究のポイントである。台湾の国立中山大学の機械及び電気工部研究チームは6軸力覚センサーの技術に画期的な成果をもたらす。

この研究は6軸力覚センサーの設計及び校正設備、そして校正のアルゴリズムは海外同業者(図面例)より、精度の誤差が0.20%以下、(約1.25倍アップ)、3軸の測定範囲が200 N、三軸力覚量測範圍± 200 N,力矩量測範圍±15 N-m。

四つのイノベーション:
  1. 二枚のひずみゲージ式力覚センサーの重りロード組み合わせ、パラメータ数値の調整により、より良い構造が見つけやすい。
  2. 平面式6軸力覚センサー設計:平面に貼り付けの実現できた。
  3. 6軸力覚センサーの校正平台:自動的に標準力とトルクの数値をビッグデータで比べて校正数値の信頼性が高い。
  4. 線形からニューラルネットワークへの修正,「誤差逆伝播法」ニューラルネットワークの計算が業界精度の1.25倍

実績:
  1. 台湾企業四社と提携して、製品に採用した。
  2. 特許2案取得しました。ロボットアームに採用されて量産試作階段に進んでいる。

もっと国立中山大学の機械及び電気工部研究チームを知りたい方、ぜっひ12月3日のAI・ロボット精密機器と製造業のトレンドウェビナーをご参加ください。お申込はこちらへ




Back