ニュース

TCAは12月17日にスタートアップチームとCOMPUTEX出展者との1対1の商談會を開催

Posted on 2020/12/25



写真:COMPUTEX出展企業とスタートアップチーム1対1のオンライン相談会、主催側ネット控室の様子。

 COVID-19の影響に対応して、企業はデジタルトランスフォーメーションを加速する必要がある。今年は多くのベンチャーキャピタリスト及び大企業投資者がスタートアップチームに注目した。目的はデジタルトランスフォーメーションを加速と事業運営の効率の向上。

 COMPUTEX(Taipei International Computer Show)の出展者が実体活動に参加できない事になって、継続的に企業とスタートアップチームのB2Bビジネスチャンスを拡大し、商談を支援するために、TCA、 COMPUTEX、InnoVEX、XR EXPRESS TWは、台北のカナダ貿易事務所を連携して12月17日に国内外から選抜した優秀な16のスタートアップチームと企業との1対1の商談會を開催した。

 今回参加の技術カテゴリーはAIoT、AR/VR/XR及びヘルスケアなどの三つである。企業側はCOMPUTEX出展社はMiTAC、Gigabyte、MSIなど11社の参加、それぞれ希望の技術及び企業の目標に合わせたスタートアップチームを1対1の相談を行うこと。

 今回選ばれた16社のスタートアップチームは、AIoT、XR、ヘルスケアにイノベーション応用に焦点を当てて。参加団体リストは次のとおりである。

 AIoTカテゴリには、Beseye、ChanceWAN、Dataperformers、Deeplite、iiNumbers、Poop Out、Symroc;AR / VR / XRカテゴリは:3DV.PIXEL、Barking Dog、OVA.AI、Speed 3D、WE JUMP;ヘルスケアカテゴリには、AltumView、GenerationsE、Targetrust、Wasai。などの参加。それぞれ27回の個別な1対1のオンライン相談会を行った。

 参加した起業家は、主催側が手配したオンライン相談会では、良いパートナーシップを結びこと、そして、交通やインタビューに関する時間を大幅に短縮できると実感した。企業側のCOMPUTEXの出展者も、今回の1対1のオンラインミーティングを通じて、適当なスタートアップチームの質を確保できるし、相談したい対象社も特定した、充分に相談の結果や効率を大幅に改善したと言う好評がした。




Back